米ドル

 

Fox:あなたがまだ億り人になれないワケ

格差拡大の中、ミリオネア、つまり百万ドル(1億円超)を持っている人はもはやたいしたお金持ちとは言えないのかもしれない。
だから、ビリオネアという言葉が生まれたのだろう。


しかし、それでもミリオネアはお金持ちの入り口ではある。
実際のところ、世の中で1億円持っている人はそうゴロゴロいるものではない。
もちろん、仮想通貨でビギナーズ・ラックを引き当てた人もいるにはいる。
しかし、それは宝くじと同じような話で、羨ましいとも感じられない。
みんなが望むのは、実力で手にした1億円だろう。

Fox Business(Motley Fool)が、ミリオネアになりそこねている人たちの課題を10列挙している。


  1. まだ貯蓄を始めたばかり
    なるべく早くから複利の効果を発揮せよ。
  2. 安定した収入がない
    いくらを生活費にあていくらを貯蓄に回すかしっかり計画しろ。
  3. 医療費がかさむ
    もしもの時のために保険・貯蓄を用意しておけ。
  4. 過大な学資ローン
    学費はなるべくローンに寄らず、他の調達方法を検討すべき。
  5. 自動的に投資していない
    確定拠出年金、積立定期、るいとうなど自動的な貯蓄の仕組みを取り入れろ。
  6. 支出を制御できていない
    本当に必要な買い物・支出を洗い出し、長期的な予算を立てろ。
  7. 株式に投資していない
    長期の分散投資なら(米)株式は最も優れた投資先の1つだ。
  8. 友だち・家族にお金を貸している
    お金を貸すかわりに、お金の貯め方を教えて上げろ。
  9. 他の人のことを気にしすぎる
    見栄をはらないと付き合えない人たちは、苦しい時に助けてくれる人たちではない。
  10. 投資とギャンブルを混同している
    投資にともなうリスクをよく理解し、儲かる投資に専念しろ。

ゼロからミリオネアになるには努力を始めてから20年以上かかるという。
しかし、決して不可能なゴールではないだろう。
そのゴール到達を確かなものにするため、Fox記事はこう奨めている。

もしもミリオネアになる妨げとなっている障壁を早期に見いだせれば、ゴールに到達する確率を上げるよう軌道修正することができるだろう。


 - 投資