レイ・ダリオ:市場は噴き上がる

Bridgewater AssociatesのRay Dalio氏が、予言者のようにこれから起こることを語っている。
景気のいい話のように聞こえるが、そうでもないようだ。


市場は噴き上がる。
もしもキャッシュを抱えてたままなら、後でひどく愚かだったと感じることになる。


Ray Dalio: US markets in ‘beautiful Goldilocks’ period from CNBC.

ダリオ氏がCNBCで、資産市場の急伸を予想している。
米経済はゴルディロックスの状況にあるとし、その程よい状態が終わる時が来ると言う。

「『美しいデレバレッジ』が進み、インフレは問題でなく、経済成長は良好。
すべてがかなりいいところに、税制改革等による大きな刺激策が講じられる。」

FRBのバランスシートがまだ極めて大きい中、経済が自律的に上向いてきた。
そこに財政刺激策と金融規制緩和が講じられる。
これは程よい状態を過熱状態に変化させる。
ただでさえ、投資家・銀行・企業の手元には待機資金がうなっている。
資産価格高騰の条件が揃いすぎている。


難しいさじ加減

ダリオ氏は、こうした景気サイクルの最終局面で重要なのは中央銀行の対応だと言う。
金融政策のさじ加減がとても難しい。
引き締めが足りなければ景気の振幅を大きくしてしまうし、やり過ぎれば不況が起こる。
ダリオ氏によれば、特に今回はさじ加減が難しくなるという。

「金利が低く、すべての資産は将来キャッシュフローの現在価値であるため金利と関係している。
債券・債権のデュレーションが長期化しているため、少しの金利変化で弱気相場になってしまう。」

ダリオ氏が注目するのは、イールド・カーブに織り込まれた金融引き締めペース以上に引き締めが進まないかだという。
市場予想以上に引き締めが進めば、それはサプライズになってしまう。

「イールド・カーブには極めて小さな引き締めしか織り込まれていない。
もしも引き締めがそれより大きくなれば、すべての資産クラスに影響する。」

市場予想の引き締めが極めて小さいがゆえに、ダリオ氏はFRBの引き締め余地がほとんどないと言う。
幸か不幸か消費者物価上昇率は低いままだ。

(次ページ: 140ベーシス上昇で・・・)


ページ:  1 2

 - 投資 ,