Bitcoin

 

謎の仮想通貨テザー

価値の引き当てのある仮想通貨があると聞いたら、皆さんは興味を示すだろうか。
仮想通貨の中にはいろいろな可能性を試すものがあるが、ここではテザーという少々きな臭い仮想通貨を紹介しよう。

仮想通貨は今進化の過程を進んでいるのかもしれない。
さまざまな突然変異が表れ、その中から環境に適合し生存競争に勝ったものが残っていく。
あるいは一つも残らない可能性もある。
あるいは、細々と棲み分けが起こる可能性もある。


謎の通貨テザー

仮想通貨Tetherはユニークな形質を備えた仮想通貨だ。
この通貨、伝統的通貨(ドル、ユーロ、円)と等価と定められているのだ。
それぞれの対応相手によって、ドル・テザー、ユーロ・テザー、円テザーというらしい。
同通貨のトップ・ページにはこうある。


  • 安定した通貨: テザーは現金をデジタル通貨に変換し、米ドル・ユーロ・円のような各国通貨の価格にアンカーまたは価値を固定する。
  • 100%の引き当て: いずれのテザーも弊社が準備金として保管する伝統的通貨と1:1の割合で引き当てられている。つまり、1ドル・テザーは常に1ドルに等しい。

これは、ビットコイン等に対する《価値の引き当てがない》との非難に応えたものだろう。
しかし、1ドル・テザーを得るのに1ドルを要するとなれば、米ドルがある限りテザーが発行されうることになる。
これは、ビットコイン推進者の中に存在した野放図な通貨発行への抗議という観点を捨て去ったことになる。
カネのためには理想は二の次といった感じもなくはないが、それは考え方次第だろう。

電子マネーとの相似・相違

ここまで考えると、テザーとは電子マネーに似たものなのかもしれないと思えてくる。
自身の為替を持たないから通貨とは言いがたいが、決済に利用可能という意味では電子マネーと同じだ。
電子マネー運営会社が預り金の運用益、シニョレッジ、決済手数料などで稼ぐのと同様、テザーもそういったモデルなのではないか。

ところが、よく見ると電子マネーとテザーとは大きく異なる。
電子マネーは高額の金額を持つことを想定していない。
比較的小さな上限金額が決められていることが多い。
しかし、テザーにはそうした制限はない。

(次ページ: 引き当ては本当のあるのか)


ページ:  1 2

 - 企業